2. J-ワンポイント
2024_J1_第8節・・耐えられないほど悔しいからこそ、主体的に「考えなきゃ」いけない・・そうすれば、確実に、次への希望が芽生えてくるモノさ・・とにかくヴェルディ選手たちは、自分たちが、着実に進化&深化していることを、肌身で体感しているはず・・(ヴェルディvsFC東京、2-2)新着!!

レビュー ヒエ~~!! 開幕から、もう何度も体感させられた、タイムアップ寸前で起きた「悔しい結果」という不運。 それが、このゲームでも、再現しちゃった。 エネーチケー試合後インタビューで、そのコトを聞かれた染野唯月は、も […]

続きを読む
2. J-ワンポイント
2024_J1_第8節・・レイソルは、フェアに(内容的に順当に!?)、勝ち点3を、もぎ取った・・ただ、対するレッズのサッカーにも、これからの「大いなる飛翔」が感じられた・・(レイソルvsレッズ、1-0)新着!!

レビュー 井原正巳レイソルは、立派なサッカーで、しっかりと勝ち切った。 それも、「あの」細谷真大と関根大輝を、U23代表に招集されているにもかかわらず・・ 立派なサッカー・・ その内実は、主体的に、攻守にわたる仕事(ハー […]

続きを読む
2. J-ワンポイント
2024_J1_(変則)第3節・・このゲームには、両チームにとって、とても価値のあるイメージング資産が、内包されていた・・(マリノスvsガンバ、2-0)新着!!

ガンバ大阪のプロコーチ、ダニエル・ポヤトス・・ とても良い仕事をしている。 たしかに、その優れたサッカーは、「まだ」良い結果には、つながっていないけれど・・ 彼らは、イニシアチブを握るなかで、しっかりとゴール機会も、創り […]

続きを読む
2. J-ワンポイント
2024_J1_第7節・・シーズン当初の、沈滞した雰囲気は、ひとまず解消されたようだ・・さて、ここからだ・・(レッズvs鳥栖、3-0)新着!!

レビュー いいね~、ヘグモ浦和レッズ・・ いや、この時点じゃ・・ やっと良くなりはじめたってな印象の方が、まだ強いかな。 以前のコラムで書いたけれど・・ シーズン当初の彼らは、まさに「ミスを恐れた」プレーに、終始していた […]

続きを読む
2. J-ワンポイント
2024_J1_第7節・・城福浩ヴェルディは、美しい質実剛健サッカーを志向する、ホンモノの進化&深化を魅せている・・(ヴェルディvsレイソル、1-1)新着!!

レビュー フム~~ッ・・ 相手は、「アジアの壁」という称号を欲しいままにした「あの」井原正巳が率いる、調子が高みで安定しているレイソルだからね。 そんな強い相手に対して、こんな立派なサッカーで勝負できたコトには、殊更のコ […]

続きを読む
2. J-ワンポイント
2024_J1_第7節・・ミハイロ札幌コンサドーレは、「勝負」という視点で、大人の落ち着きが、感じられるようになっている!?・・(コンサドーレvsガンバ、1-0)

レビュー 難しいんだよ、「心のバランス」を、高いレベルで、有意義に維持するのは・・ 心のバランス・・ わたしは、「爆発」と、「冷静さ」のバランスってな意味合いを、込めた。 ボール奪取プロセス(守備)では・・ 「行き」すぎ […]

続きを読む
2. J-ワンポイント
2024_J1_第6節・・「あの」強い山口智ベルマーレに、ホントによく、逆転勝利を収めた・・このJ1初勝利には、何かスピリチュアルなコノテーション(言外に含蓄される意味)が込められている!?・・(ベルマーレvsヴェルディ、1-2)

レビュー 城福浩ヴェルディ・・ ホントに、よく逆転した。 何せ、相手は・・ そう、優れたプロコーチ、山口智が率いる、「現状」では、サッカー内容が、レベルを超えて充実している「あの強い」ベルマーレだからね。 実際・・ ゴー […]

続きを読む
2. J-ワンポイント
2024_J1_第6節・・チカラの差は、歴然だった・・また、どちらが、日本サッカーの将来にとって、より価値があるかも、明白だったと思う・・(ゼルビアvsサンフレッチェ、1-2)

レビュー 最高テンションのなかでも、微妙な「差異」は感じながらの観戦だった。 ゼルビアの「超絶」徹底サッカーについては、「このコラム」や「あのコラム」をご参照あれ。 またミヒャエル広島サンフレッチェについては、何といって […]

続きを読む
2. J-ワンポイント
2024_J1_第5節・・いや、ホント、優れたプロコーチ長谷部茂利は、とても良い(勝負強い!)チームを創っているじゃないか・・でも終わってみれば、内容的に「順当」な結果ではあったけれど・・(レッズvsアビスパ、2-1)

レビュー このゲーム・・ 何にフォーカスしようか・・ やっぱり、まず・・ 「とても勝負強い」長谷部茂利アビスパの、主体的で、クリエイティブ(創造的)な、ボール奪取プロセス(守備)を、まず採りあげたいね。 何せ・・ そう、 […]

続きを読む
2. J-ワンポイント
2024_J1_第5節・・城福浩ヴェルディの、「粘り腰」には、様々なコノテーション(言外に含蓄される意味)が内包されている・・何せ、相手は、あの「勇気と意志の権化」チョウ・キジェ京都だったわけだからね・・(サンガvsヴェルディ、2-2)

レビュー ふ~む・・ 城福浩ヴェルディは、最後の最後まで、まったく諦めずに、トライしつづけた。 そんな、極限まで突き詰めた「意識と意志パワー」が、結実した「勝ち点1」だった。 それにしても、2試合つづいた、結果を掴み取る […]

続きを読む